中川大志 天馬くんで人気爆発 その心境は?

f:id:sgeinou:20180522122254j:image

【花のち晴れ・中川大志/モデルプレス=5月22日】TBS系ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(毎週火曜よる10時~)で、俳優の中川大志(なかがわ・たいし/19)演じる主人公の婚約者・馳天馬(はせ・てんま)の人気が爆発中だ。御曹司、文武両道のカリスマ的人気を誇る生徒会長、人格者…と非の打ち所がない完璧な王子様キャラクターが中川のハマり役となり、ネット上では毎週「かっこよすぎる」「最強イケメン」「理想の彼氏」と心を撃ち抜かれた女子の声が殺到する。モデルプレスはそんな“時の人”となった中川にインタビューを実施し、反響や役への思い、共演者との撮影エピソードを聞いた。

f:id:sgeinou:20180522122302j:image

同作は日本中に“花男”旋風を巻き起こした『花より男子』の新章で、人に言えない“ヒミツ”を抱えた新世代のキャラクター達が巻き起こす痛快青春ラブストーリー。

f:id:sgeinou:20180522122312j:image

コンビニでバイトをしながら超金持ち名門校の英徳学園に通う“隠れ庶民”の主人公・江戸川音を杉咲花、かつて英徳学園のカリスマ的存在だった道明寺司に心酔し、“C5”と呼ばれる5人組を結成した神楽木晴を平野紫耀(King&Prince)など旬なキャストが集結。天馬は晴の恋敵となり、「花沢類の再来」として期待されている。

 

― 中川さんはもともと『花より男子』ドラマのファンだったそうですね。最初にオファーを受けたときの心境から教えて下さい。

中川:お話を頂くまで原作の存在を知らなかったので、まず「神尾(葉子)先生がまた新たな話を描いているんだ」と思って読ませて頂きました。“花男”を観ていたときと同じ気持ちにさせられる、三角関係・四角関係、“THE・青春”…という内容で「恋愛の学園モノっていいな!」と改めて思わせられましたね。子供のときはめちゃくちゃテレビっ子で、自分にとってテレビドラマの楽しさを教えてくれた作品が“花男”だったので、その同じチームのスタッフの皆さんとまた再集結して一緒に作品を作れるということが嬉しいです。

 

それに何よりこうやって若い世代のキャストが集まって新しいドラマを作るということが最近はあんまりなかったと思うし、先輩たちが学園モノや青春ドラマをやってきたのを観てきたので、「自分たちにもそういう時が来たんだな」と同じ世代の皆と一致団結して頑張れることがありがたいです。

 

詳細は↓

https://mdpr.jp/interview/detail/1767881