倉科カナ 竹野内豊との半同棲報道なにも語らず 取材現場はピリピリ

f:id:sgeinou:20180522224633j:image

 女優の倉科カナ(30)が22日、東京・MAGNET by SHIBUYA109屋上にあるMAG's PARKでジン「ボンベイ・サファイア」の期間限定Bar『PRIME MOMENT Bar』のオープン記念会見に出席。17日発売の『週刊新潮』で俳優・竹野内豊(47)との半同せいが報じられたことについてコメントすることはなかった。

 

2014年10月に竹野内との交際が報じられ約3年半。倉科は、これまで言及を避け続けてきた。17日発売の週刊新潮では、竹野内が都内に建てた豪邸で半同せい中で、6月22日に入籍するとも報じられていた。

 この日、倉科はボンベイ・サファイアを意識したブルーの透け感ドレスで登場。リリー・フランキーから「どうかと思うぐらいかわいい」とべた褒めされ、照れ笑いを浮かべた。ただ、リリーは「欠点を1つ見つけた。ピエール瀧と同じ事務所なんですね」と振られると、倉科は「いい先輩ですよ」と笑顔を見せた。

 大人になったことについて聞かれると「ぬり絵を始めた。すっごい楽しいんです。家で開いてる時間とかに」とにっこり。リリーが驚いていると「前は写経だったんで」と、さらに驚きの事実を口にしていた。さらにそば屋で一人酒をしていることを知るとリリーは「江戸時代の人じゃないですか」とツッコんでいた。好きなお酒は焼酎のむぎ茶割りという。理想の男性について問われると倉科は「私がお酒を飲むので、一緒にお酒が飲める男性」と明かした。

 囲み取材開始前には関係者が「質問はイベントに関することのみに。バラエティーじゃないので、フリじゃないですから」とキツく何度も注意。ピリピリムードの中、交際について、コメントを発することはなかった。

 同Barのオーナーにリリーが就任。第1号の客として倉科カナが訪れた。スタンダードなジントニックだけでなく、ボンベイ・サファイアの魅力を引き出したアレンジジントニックも味わうことができる。期間はあす23日から27日まで。