キンプリ 停滞ジャニーズに久々の朗報

f:id:sgeinou:20180531232021j:image

 ジャニーズに久々の朗報である。23日にCDデビューした「King&Prince(通称キンプリ)」が「シンデレラガール」でオリコンシングルチャート(6月4日付)で発売初週57万枚を売り上げ、歴代2位の記録を樹立した。

 デビューシングル初週50万枚超えは、亀梨和也(32)らが所属するKAT―TUN以来12年ぶり。CD不況に歯止めがかからないといわれている中、これだけのセールスを樹立したことは“ジャニーズの底力”を見せつけた形になった。

 キンプリは、ジャニーズJr内ユニットのMr.KINGとPrinceが合併して結成された6人グループで平均年齢は20.3歳。ジャニー喜多川氏による“鶴の一声”デビューでなく、メンバーがジャニー氏に直談判してデビューが決まったという異色の成り立ち。これには“デビューの激減”が背景にあるという。

2014年のジャニーズWESTのデビュー以来、キンプリは4年ぶり。しかもWESTの最年長デビューは27歳、11歳でSMAPとしてデビューした香取慎吾(41)やSexyZoneマリウス葉(18)に比べるとかなりの遅咲きだった。SMAPTOKIOなど稼ぎ頭に頼りっきりで会社全体が“現状維持”に傾いており、近年はジュニアからデビューの可能性を感じられず、芸能界を去ったり、詐欺まがいの事務所にだまされるジュニアさえいたという。

芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「ドラマのタイアップなど緻密に宣伝を仕掛けてもCDが売れないという固定観念をキンプリが覆したことは衝撃でした。キンプリは、王子様感があって、個々のカラーもあり、高学歴でもあり、ジャニーズの王道らしい要素を盛り込んだ正統派。こういう王道のアイドルをファンは待っていたということが立証されたのです。キンプリのおかげでジャニーズ事務所内の空気も新人デビューに向かうのでは」

 キンプリ旋風を受けてデビューを待っているHiHiJetなどのユニットが続々デビューの可能性も出てきた。SMAPの解散、TOKIO山口のわいせつ事件と、ここ数年の負のイメージも一蹴。ジャニーズに新しい風が吹いてきた。

 

詳細は↓

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6284473