【訃報】桂 歌丸さん死去

 人気演芸番組「笑点」で長く親しまれた落語家で落語芸術協会会長の桂歌丸(かつら・うたまる、本名・椎名巌=しいな・いわお)さんが2日、死去した。81歳。

 

美人すぎるナース 桃月なしこ撮影で思いっきり大はしゃぎ

f:id:sgeinou:20180701082553j:image

FLASHスペシャル2018初夏号」(6月23日発売・光文社)では、グラビアのネクストトレンドと言われているコスプレイヤーの魅力的なグラビアを特集。今や「現役ナース×コスプレイヤー」という属性と、その美貌でマンガ誌などのグラビアを賑わせている桃月なしこが登場している。

 

―今回の撮影はいかがでした?

すべてが斬新でした(笑)。走ったり、跳んだり、はしゃいだりっていうのは、今までカメラの前ではあまりやったことがなかったんですよ。誌面でもクールな表情のカットを使われることが多いので。でも、今日は思いっきり笑ってはしゃぎました!

―なしこちゃんはふだん、プライベートでよくはしゃぐタイプですか?

人並みだとは思うけど、今日ほどはしゃぐことはあまりないかも。ただ、テーマパークが大好きなので、ディズニーランドに行ったら相当はしゃぎます! 愛知に住んでたころから、2カ月に1回はディズニーランドに行ってました! 今年の1月に上京してからはあまり行けてないんですけど
…。

―上京して約半年。東京での暮らしには慣れましたか?

いや~、まだあまり…。しょっちゅう電車を乗り間違えたり、乗り過ごしたりしちゃうんですよ~。ちゃんと乗換案内のアプリを見ながら乗っているのに、気づいたら全然違う場所に着いてたりします(笑)。

―さて、なしこちゃんはもともとコスプレイヤーとして活躍されていましたが、コスプレを始めたきっかけは?

小さいころからアニメや漫画が大好きで、コスプレにはずっと興味があったんですよ。ただ、衣装って高価だからなかなか手を出せなくて。そんなとき、高校3年の秋に地元でコスプレイベントがあって、友達に「衣装を貸してあげるから、一緒にやろう!」と言われて挑戦したのがきっかけです。

―そこでハマったと。

はい。昔から写真に写ることが好きで、友達と写真を撮るときも自分から進んで写りにいっちゃうタイプだったので(笑)、特に抵抗もなく「楽しい!」って思いましたね。

―そしてグラビアに進出し、いろんな雑誌の誌面を飾るようになりました。

好きだったことの延長線上なので、楽しんでお仕事をさせてもらっています。ただ、趣味のコスプレと違ってグラビアはお仕事なので、やっぱり緊張はします。特に最初は肌の露出に抵抗があったので、初めてのグラビア撮影はめちゃくちゃ緊張しました。

―恥ずかしさがあった?

私、体型にコンプレックスがあったんですよ。全然くびれのない体型だったから、見せたくなくて。でも最近はジムに通い始めて、食生活も見直したので、以前に比べたらくびれもできてきたかなって思います!

―さらになしこちゃんは、芸能活動をしながら現役のナースとしてもお仕事をされていますよね?

都内のクリニックで働いてます。注射や採血、点滴、手術の介助などをしてますね。

 

インタビューの全貌、その他のグラビアは「FLASHスペシャル2018初夏号」でチェック!

 

詳細は↓

https://news.dwango.jp/girls/29423-1806

花のち晴れ 最終話 音が選んだのは?【ネタバレあり】

f:id:sgeinou:20180626235311j:image

杉咲花/モデルプレス=6月26日】女優の杉咲花が主演を務めるTBS系ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(毎週火曜よる10時~)の最終話が26日、放送された。

 

同作は日本中に“花男”旋風を巻き起こした「花より男子」の新章で、人に言えない“ヒミツ”を抱えた新世代のキャラクター達が巻き起こす痛快青春ラブストーリー。「自分らしく生きる」ことをテーマに、新たな物語が繰り広げられる。

コンビニでバイトをしながら超金持ち名門校の英徳学園に通う“隠れ庶民”の江戸川音役を杉咲、“ C5(シーファイブ)”のリーダーでかつて英徳学園のカリスマ的存在だった道明寺司に心酔している神楽木晴役をKing & Princeの平野紫耀、音の婚約者である馳天馬役を中川大志が演じるほか、濱田龍臣、飯豊まりえ、今田美桜ら若手注目俳優陣が集結する。

f:id:sgeinou:20180626235322j:image

音(杉咲花)への思いをかけて天馬(中川大志)と武道大会で勝負をすることになった晴(平野紫耀)だが、試合当日、天馬に柔道で秒殺され、右手首を負傷する。

 

一方、天馬は音を襲撃した英徳狩りの首謀者が近衛(嘉島陸)だと知り、衝撃の事実や音を信じきれなかった自分に動揺。その後の弓道の勝負では、晴は思わぬ怪我の功名でミラクルを起こすも、天馬は調子を出せずに負けてしまう。

 

最終試合の前夜、晴は音に「必ず勝つ。試合のあとに待つ…恵比寿ガーデンプレイス時計広場で」と約束。晴への思いを封印し、天馬を応援することを決めた音は戸惑うも、晴はまたも“ミラクルパンチ”で天馬との“恋の決闘”に勝利した。

 

さらに試合後、天馬は「音が本当に大好きだった。けど、音を変えたのは僕じゃなくて神楽木だった。もう周りを気にしなくていい、自分の気持ちに従って」と音の背中を押す。音は晴の待つ“恵比寿ガーデンプレイス時計広場”に向かって走り出した。

 

第11話では、いつも晴が一方的にしていた妄想に音の気持ちも入り、片想いではなく両想いに。音は晴のもとへ走るなか、晴は音を待つなか、お互いに自分の思いを伝えることを決意する。

 

もう少しで会える…という直前、「それから、それから…」という2人の声で物語は終わった。

ネット上では、「えっ…それからなに?!」「待って待って、2人会えた?」「なにこの気になる終わりかたー!!!」という声や、「これは続編期待してもいい?」「もっと2人の幸せストーリーも見たいよ~!」「これからなにを楽しみに生きていけばいいのぉ~次があると信じてる」などと憶測が広がり、期待の声で溢れている。(modelpress編集部)

情報:TBS

 

詳細は↓

https://mdpr.jp/news/detail/1775640

花のち晴れ 今夜が最終回 キャスト達のコメントを公開

f:id:sgeinou:20180626215537j:image

 毎週火曜よる10時から放送中の火曜ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS)が、今夜(6月26日)、ついに最終回を迎える。最終回の行方も気になるところだが、先日、約4ヶ月に及んだ撮影がオールアップ。各キャストがコメントを残している。

 主人公・江戸川音役の杉咲花、神楽木晴役の平野紫耀(King & Prince)、馳天馬役の中川大志は、別々のシーンでの撮了となったが、それぞれのクランクアップシーンには駆け付け、その瞬間を見守った。そして本編すべてのオールアップは、杉咲演じる音のシーン。そこには平野、中川のほか、飯豊まりえ、鈴木仁、中田圭祐も姿を見せ、ドラマのワンシーンさながらに抱き合ったり、固い握手をしてこの数ヶ月を労いあった。

 同ドラマについて杉咲は、「皆さんのことが大好きでした。本当に大好きな現場でした」とコメント。また、平野は「もう終わるなんて、めちゃくちゃ寂しいですし、明日から何していいかわからないです。それくらい僕の中で生活の一部となっていたし、みんなも大好きでした」と、こちらもドラマへの愛を語っている。

 中川は、「今朝現場に来て、花ちゃんの隣でメイクしてたら、明日からこの花ちゃんの笑い声を聞けなくなるんだなと、急に寂しくなりましたね」と寂しげ。また、「花ちゃん演じる音ちゃんのことが心から大好きで、惚れてました。そして、平野紫耀くんが演じる神楽木晴が僕にとってはもう魅力的過ぎて、脅かされ通しで(笑)」と作中に登場するキャラクターへの想いも。

 番組公式Instagram「音グラム(@oto_edogawa)」は番組公式としては異例のフォロワー数71万人を突破したほか、杉咲が編集して投稿する動画はたびたび再生回数が200万回を超えるなど話題の同作。いよいよ今夜最終回を迎える。『花のち晴れ~花男 Next Season~』最終回は、TBS系列で今夜10時から放送。

 

詳細は↓

https://s.rbbtoday.com/article/2018/06/26/161555.html

ビジュアルクイーン撮影会 雨の中ファン3,000人が集結

f:id:sgeinou:20180624224735j:image

今年も人気グラビアアイドルたちが大集合する、夢の大撮影会「ビジュアルクイーン撮影会」が、東京・としまえんプールで盛大に開催された。

午後からは雨予報となり、梅雨らしい曇り空で幕を開けた今年の撮影会は、天気予報がズバリ的中。昼ごろからぽつぽつと雨粒が落ち始め、次第に本降りに。午前中に終えた第1部はなんとか曇りで凌いだが、2部からは雨となり、最終の3部は本降りとなった。水着姿で傘をさすという異例の撮影風景となったが、そんな悪天候をふっ飛ばすかのような、個性的でカラフルな水着を纏った24名が、懸命にファンの要望に応えていた。主催者発表によると、過去最高動員を更新した昨年を上回る3,000名のグラビアファンが詰めかけたという。

f:id:sgeinou:20180624224745j:image f:id:sgeinou:20180624224754j:image

今年は、バラエティー豊富なランナップとなった「ビジュアル撮影会」。あいみ青山ひかる天木じゅん、彩川ひなの、伊織もえ、えなこ、忍野さら、片岡沙耶、川崎あや、小島みゆ小瀬田麻由鈴木ふみ奈高梨れい、蝶城彩桜、菜乃花林ゆめ久松かおり平嶋夏海星名美津紀水沢柚乃柳いろは、山吹りょう、Yami、RaMuの24人の女神がとしまえんに降臨した。

お馴染みとなった、3つのプールサイドにグラドルが並ぶ撮影会のさまはまことに壮観。参加者はお目当てのモデルに一目散に駆け寄り、また次のグラドルへと移動していく。今年は人気コスプレイヤーのえなこ、伊織もえが参戦したこともあり、例年にない盛況ぶりとなった。

なおCS放送MONDO TVでは、昨年に引き続きこのイベントの模様を「女神降臨」の特番、「女神降臨 in ビジュアルクイーン撮影会 #2」として放送する。当日のグラドル達の表情や、控室の裏側、インタビューも交えて盛りだくさんんでお届けする。放送日は8月23日(木)23:30~。MONDO TVはスカパー!などで視聴可能だ。 

 

詳細は↓

https://news.dwango.jp/gravure/29430-1806

大原優乃 大反響によりファンミーティング追加公演が決定

f:id:sgeinou:20180623001154j:image

いまグラビア界でもっとも多くの熱狂的ファンがいると噂である、癒しの笑顔にFカップボディが魅力の”ゆうの”こと大原優乃のファンミーティングの追加公演が決定したことを、

本人のtwitterやブログなどで明らかにした。

 

「夏のファンミーティングってゆうの」か幸先よく完売となってしまった為、追加公演が決定となった。

 

大原優乃はファンミーティング追加公演について下記のようにコメントしている。

 

"わーーーーーーい
わーいっ
嬉しすぎるよ( ˶ ̇ ̵ ̇˶ )


これは本当にみなさんのおかげです。

こんなに幸せなお知らせをできるなんて
思ってもいませんでした
こころから感謝の気持ちでいっぱいです✨"

 

今、人気大絶頂の大原優乃のファンミーティングということもあり、追加公演のチケット入手もかなり困難が予想される。

 

詳細は↓

 

 『夏のファンミーティングってゆうの』 
追加公演
2018年8月26日(日)  開場13:30 / 開演14:00
Mt.RAINIER HALL
SHIBUYAPLEASURE PLEASURE


【受付対象席種】
全席指定  4,000円(税込) 
※入場時別途ドリンク代600円必要
※3歳以上有料/3歳未満入場不可
枚数制限:※お1人様1申込のみ最大2枚まで

●エントリー受付期間 : 
2018/6/22[金]15:00 ~ 2018/6/26[火]23:59まで
●当落・入金期間 : 
2018/6/28[木]15:00 ~ 2018/7/3[火]23:00まで

<事後発券開始日時>
【事後発券開始日時】2018/7/21 (土)15:00〜

 

風間俊介 嵐・大野智からの救われた言葉とは⁉︎

 

風間俊介大野智/モデルプレス=6月21日】俳優の風間俊介20日放送の日本テレビ系バラエティー番組「ザ・発言Xあの言葉で人生が劇的に動いた!」(よる9時~)に出演。舞台でターンが決まらず悩んでいた時にかけられた嵐・大野智の言葉を明かした。

 

グループデビューをしておらず、自ら「ジャニーズ業に向いてない」と発言する風間は、現在俳優として様々な作品に出演し「ジャニーズの異端児」と呼ばれる存在。

1997年に14歳でジャニーズ入りした風間は、山下智久生田斗真らとともにジャニーズJr.のエースとして活動していたが、「俺なんて華もなければ個性も何もない。普通の男だな」と周りに比べて自分にオーラがないことを悩んでいたという。

 

そして、風間は17歳のときにTBS系ドラマ「3年B組金八先生」への出演が決まり、そこから芝居にのめり込んでいったそう。100回も台本を読み込んでいた真面目な性格の風間は、舞台に出演する際にも全員でそろえるターンを人一倍練習したが、本番では連続で失敗。そんな風間の元に舞台を見に来た嵐・大野智が訪ねてきたのだという。

風間が、ダンスに定評がある大野に「ターンがうまくいかない」という悩みを相談すると、大野は「練習するからいけないんじゃない?」という予想外のアドバイスで風間を驚かせたそう。

しかし、翌日の舞台で半信半疑ながらも練習せずに本番に臨むとターンは成功。大野にそれを伝えた風間は、大野から「でしょ?何回もやったからって良くなるわけじゃないんだよ」と言葉をかけられたそうで、大野とのやりとりで“努力を重ねることだけが正解ではない。現場での瞬発力を信じることも大事だ”と気付かされたことを明かした。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

 

詳細は↓

https://mdpr.jp/news/detail/1774403