林ゆめ 新くびれ女王が圧巻のボディラインを披露 普段はOLとして勤務

f:id:sgeinou:20180601225146j:image

林ゆめ/モデルプレス=6月1日】“新くびれ女王”と名高い林ゆめが1日発売の漫画誌ヤングガンガン」12号の巻末グラビアに登場。モデルプレスにアザーカットが到着した。

f:id:sgeinou:20180601225212j:image

エスト53センチの林は普段はOLという顔を持つ。新くびれ女王と今後の活躍が期待されるが、同誌の出演について「同じ事務所のタレントがガンガンさんに出ていたりしていたこともあり、よく購入していたので、自分が見ていた雑誌に出させていただけることが純粋にすごく嬉しかったです!」と歓喜。また、お気に入りの衣装は「部屋着のキャミ」だそうで「下着の上に部屋着を着ているんですけど、身体のラインがしっかり見えているので逆にセクシーかなと思います!」とアピールした。

OLとして務める彼女は、会社内での反響を「自分からは特に話したりはしていないのですが、上司がインスタをフォローしてくださっているので、雑誌載ってたの見たよとかよく言っていただけます」と紹介。ウエスト53センチのスレンダーボディを誇るが、スタイルキープの秘訣は「週一でジムに通っていることと、あとはいつもよく笑っているので腹筋が鍛えられてるんだと自分では思ってます(笑)」と明かした。

 

日本レースクイーン大賞2018」新人部門のファイナリストに選出されている林。意気込みを求められると「たくさんの方の応援があってファイナルステージに進むことができたので、応援してくださる方々やチームのためにも絶対にグランプリ獲ります!グランプリしか目指していません」と気合十分。

今後の目標については「雑誌で表紙を飾ってみたいです!あとは、ウォーキングレッスンも通っているのでモデルとしてもお仕事してみたいです」と夢を膨らませた。(modelpress編集部)

 

詳細は↓

https://mdpr.jp/news/detail/1770139