飯豊まりえ「花のち晴れ」メグリンが語る撮影現場の様子は?

f:id:sgeinou:20180529111645j:image

【飯豊まりえ/モデルプレス=5月29日】TBS系ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(毎週火曜よる10時~)に出演する女優の飯豊まりえ(20)が19日、幕張メッセにて開催された「GirlsAward 2018 SPRING/SUMMER」(以下:ガルアワ)に出演。ランウェイ終了後、モデルプレスの取材に応じた。

f:id:sgeinou:20180529111653j:image

― 主人公・江戸川音(杉咲花)の“最強の恋敵”として飯豊さん演じるメグリン(西留めぐみ)の出現は、話題となりましたね!周囲からの反響はいかがですか?

飯豊:反響はめちゃくちゃいただきましたね!みんな見てくださっているようで、どこの現場に行っても「毎週の生きがいだ!」って言っていただけてすごく嬉しいです。私の役柄は、第5話から本格的に出演していますが、三角関係だったのが四角関係になっていきます。メグリンは明るくて天真爛漫な子なので、音ちゃん目線で見ている子は「なにこの子~」「ちょっと嫌だな」って思うかもしれませんが、とってもいい子なんです!回が進む毎にメグリンっていう女の子の良さがわかっていただけると思うので、温かく見守ってくれたら嬉しいです!

― 先日の放送では、メグリンは小悪魔っぽさがあると感じましたが…

飯豊:小悪魔じゃないんです!メグリンは全然計算はしていなくて、ただ相手を喜ばせようという気持ちでやっています。「計算しているんじゃないのか」「あざとい」とか、そういうコメントもいただき、5話を見ただけでは、突然現れた台風みたいな女の子で戸惑うかもしれませんが、すごくいい子なんです。

― そんなメグリンを演じるにあたり、役作りで気をつけていることはありますか?

飯豊:突然現れ、敵みたいなキャラクターに見えますが、私は新ジャンルだと思っています。ライバルといっても意地悪なことはしない、ピュアで一途な思いを伝えている女の子。嫌われちゃいけないと思いながらの好きな男の子に対してのメグリンの行動は、自分でこうしようと言うよりかは、監督と「こういう風にしよう」「もっとテンション高くして」など相談しながら演じています。明るくすればするほど、後半に切なくなってくると思うので、そういうのも意図としてやっています。

 

― 同世代ばかりの現場の雰囲気はいかがですか?

飯豊:近年稀に見る仲良しさです!(←キッパリ)

― そうなんですね!

飯豊:ご飯会もあったりします。私はドラマのストーリーの展開上、途中参加なのであまり出席できていないのですが…(笑) 撮影現場では、カメラが回ってないところでも、常にみんなで一緒にいたり、会話も弾んでいます。

この前、平野(紫耀)くんがオリジナルパーカーを作ってくださったのですが、それを中川大志くんが自分でカスタマイズしてオリジナルパーカーにしたり、そういうのをみんなでやろうって企画を立てたりしています。やっぱり同世代だからこそ、刺激しあいながらも切磋琢磨して撮影しています。

― 撮影後にご飯に行ったりとか、仲の良さが伝わります!

飯豊:みんな素がほんわかした人ばかりです。役と違って平和主義タイプばかりなので、すごく楽です!!

― 楽しいだけでなく、刺激もしあえていると。

飯豊:やっぱり同世代同士なので!同じ年の杉咲花ちゃんはたくさんの映画にも出演されていて、お芝居も勉強になることばかりです。中川大志くんは子役時代から活躍されていて、平野くんも舞台や映画に出演されていて、みんなの演技力がすごいです。私も一視聴者として彼らのことを見ていたので、そういう人たちと一緒に作品に出られるのはありがたい環境だなとしみじみ感じつつ、いつもどういうふうにこの芝居を現場に持っていこうかなと考えながら台本を覚えています。

 

― 最後に視聴者のみなさんにメッセージをお願いします!

飯豊:「花晴れ」は、最初は今田美桜ちゃん演じる愛莉ちゃんがライバルとして現れ、次にメグリンが出てきて、三角関係が四角関係へと変わっていって、これからどんどん切なくなっていきます。その中でもちょっとした友情だったり、自分らしくというのがテーマになっているので、そういう1人1人の自分らしい部分がすごく輝いていて、心に刺さるセリフもたくさんあるので、一緒にキュンキュンしていただけたらと思います。

原作もまだゴールが描かれていないんですよ。だから演じている私たちもどういう展開になっていくのか、最終地点がわからないまま撮影しているので、私たちもドキドキしています。みなさんと一緒に盛り上げていけたらいいなと思っています!

― ありがとうございました。

 

この日、「ガルアワ」のステージに登場した飯豊は、メグリンの顔から一変、モデルとして堂々たるウォーキングを披露。「今回、トップでも歩かせていただいたりして、すごくありがたみを感じながら歩けました」と笑顔でステージを振り返っていた。(modelpress編集部)

 

詳細は↓

https://mdpr.jp/interview/detail/1769360